ガリガリの男が太って、筋肉をつける方法!!!実践するべきコツを1から紹介!

食べても食べてもガリガリ!という男性は多いでしょう。

そんな男たちのために男性が体重を増加させて、筋肉をつける方法を紹介します。

太ると見た目に自信が持てたり、活動が活発になりますよね。

健康的で体力が増える事は女性から見ても魅力的なはずです。

 

そこで、このトピックに関するネットの情報などをまとめてみました。

コツは大きく分けて10個。

  1. 消費より摂取カロリーを多くするため、毎日3食を食べます。
  2. 夕食はもう食べられないくらい食べて、胃を大きくします。
  3. 肉よりも栄養価が高く、栄養吸収力もある白米を多く食べます。
  4. 納豆やキムチなどの発酵物で酵素を取り、栄養を吸収しやすくします。
  5. 筋肉の元になるタンパク質が主成分のプロテインを飲みます。
  6. 太りたくても過度な脂肪が付かないように、筋トレを続けます。
  7. ダイエット同様に太りやすい時期があるので、継続を試みます。
  8. 断固たる目標を掲げ、モチベーションを維持します。
  9. 個人差があるために自分に適した太る方法も探すようにします。
  10. 胃腸の調子を改善し、食欲を出すために医者に相談します。

https://www.futoritai.com/

 

この中でも重要なものを紹介。

 

消費より摂取カロリーを多くするため、毎日3食を食べます。

摂取カロリー>消費カロリーが原則。

当然のことと思われてしまうかもしれないが、実際、体重のコントロールができない人は、「消費カロリー」よりも「摂取カロリー」が多いことで体重が増えるというシンプルな事実を理解できていない場合が多い。毎日口にしている食事のカロリーなんて、よほど意識している人でない限り、いちいち考えもしないからだ。

http://gari-hosomaccho.info/?p=35

 

肉よりも栄養価が高く、栄養吸収力もある白米を多く食べます。

「肉よりも栄養価が高く、栄養吸収力もある白米を多く食べる」では、白米150gでタンパク質3.8g、炭水化物55.7gが摂取できることに注目します。肉よりも太る栄養に優れた食品は白米です。

栄養価が高いご飯やパンなどをセーブする炭水化物ダイエットがあるくらいですので、逆に白米をいつも以上に食べます。

http://gari-hosomaccho.info/?p=35

筋肉の元になるタンパク質が主成分のプロテインを飲みます。

 

筋肉量・筋力アップには運動後30分以内に飲むといいらしいです。

 

 

目的や飲み方をしっかりと確認して、あなたの理想の体を手に入れましょう。

 

 プロテインは大きく分けて3種類

プロテインは一般的に大きく分けて3種類。

まず、牛乳に含まれるホエイプロテインカゼインプロテイン。そして大豆に含まれるソイプロテイン

ホエイプロテイン

低カロリーで栄養が凝縮しており、吸収が早いのが特徴です。この特徴はタンパク質が不足しがちな運動直後のタンパク質の補給には最適といえるでしょう。

https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=86&category=muscle

カゼインプロテイン

・カゼインプロテインは就寝前に摂取することで、カラダにゆっくりと持続的に蓄えさせることができるのです。

・メリハリのあるボディラインをつくるため、運動をしたけれどついつい食べ過ぎてしまうという人には最適なプロテインといえるのではないでしょうか。

https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=86&category=muscle

ソイプロテイン

・腹持ちが良いので、ダイエット向きのプロテインと言えます。

・しかし、欠点として水に溶けにくいのでソイプロテインを水に溶かして飲む場合、違和感を感じる方が多いようです。

https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=86&category=muscle

 

森永食品によるとソイプロテインとカゼインプロテインなどが配合されつつ、飲みやすく配合された商品を選ぶと、無理なく長く続けて飲むことができるみたいです。

プロテインの代用!ほかにタンパク質含有量の多い食品とは?

タンパク質含有量が多い食品類としては

・肉類

・魚介類

・卵類

・大豆製品

・乳製品

があります。プロテインがない場合、足りない場合はこれを中心に摂取しましょう。

 

太りたくても過度な脂肪が付かないように、筋トレを続けます

マシンやウエイトをつかうときは、限界の重量の8割8回あげる1セット3分間のインターバルをおいて3セット行うと効率が良いらしいです。

via.https://hatakenoweb.com/training_10/#_5

 

適切なトレーニング頻度

筋トレの効果を出すための適切なトレーニング頻度として、運動を始めたばかりの初心者は週2~3回、スポーツ経験者は3~4、スポーツ選手で週4~5回が望ましいとされています。

http://cp.glico.jp/powerpro/training/entry23/

過度なトレーニングは厳禁。適切な休養をとらないまま体に大きな負荷をかけ続けると、疲労が完全に取りきれないまま蓄積されるので、効率が悪いです。

人には太りやすい時期があるので、筋トレは継続を試みましょう

 

 

胃腸の調子を改善し、食欲を出すために医者に相談します

胃腸が弱い人は、栄養吸収が悪く、たくさん食べていても太らない場合があります。

太れないタイプは胃腸が弱い場合が多いので消化吸収が良いものを食べるようにします。食物繊維が多すぎるもの(こんにゃくなど)や脂肪が多い肉などは消化がいので食べ過ぎないほうがいいです。

https://dounikasitefutoritai.hatenablog.com/entry

油っぽい食べ物は避けて、消化の良い食べ物を選びましょう

痩せすぎで太れない人は内臓に元気がない場合が多く、工夫や医師の助言が必要です。

「朝ごはん」を食べるだけで解決する場合もあるので、しっかりとした食生活にしましょう。

 

 

コメント