【原因別】あなたがダラダラ汗をかく原因と、抑えて止める方法!

昨今では、汗に悩む人が増えてきています。

メイクも髪型も崩れてしまったり、Tシャツにシミができてしまったり、、汗に悩んでいる女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

まずはその原因をいくつかに分けて紹介します。

それぞれで対策の方法は違うため、自分がどちらなのか考えてみましょう

精神的な原因の場合

発汗は精神面で関与していることがあります。

精神性発汗は人主に人前に出て緊張したとき、驚いたときに出る汗で、汗が出る部位は手のひら、足のうら、ワキの下など限られた部位で、短時間に発汗するのが特徴です。精神的な刺激にともなってでることから「精神性発汗」と呼ばれます。

主に精神的な原因の場合は

忙さによる活習慣の乱れやストレスを感じながら生活する人が増えている  

などがあげられますが、これらはよくない汗です。

以下の対策をしましょう

 

医師への相談

精神的なものが原因であると思うならばならば、医師への相談をお勧めします。

  • 最近急によく汗をかくようになった。
  • 緊張したときに汗を異常にかく

のような場合は多汗症自律神経失調症、甲状腺機能亢進症更年期症状といった病気や不調に伴って生じたものである可能性があります。こちらは治療で解決することができます。

 

休憩をとる

休憩を取らないと慢性の疲労により、発汗量がふえたり自立精神に影響を与える場合があります。

重要なのは疲れる前に休む事です

適度な休憩は生産性を上げることにもなるので、ぜひ休憩を意識してください。

 

 

45分仕事して、5分の休憩が一番生産性が高いと言われているのでオススメ!

 

一方で自分の身体の機能の場合もあります。

 

自分が暑さ対策をしていない場

単に暑さ対策をしていない場合もあります。

暑いと汗をかくことは至って普通です。

制汗剤を使ってみる

市販の制汗剤を使ってみる方法があります。

制汗剤は消臭力と制汗力のどちらかをメインにしているかにより効果が変わります。

 

熱気を逃がしやすい服装

えり元や袖口がゆったりした、熱気や汗を逃がしやすい通気性のよい服を選びましょう。素材は吸水性に優れた綿などがおすすめです。色の黒い服は太陽の熱を吸収してしまうので避けることをお勧めします。https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/theme/201607.html

 

肥満が原因

なぜ肥満の人は汗をかくのでしょうか。

肥満者は、体温が下がりにくい

分厚い皮下脂肪が熱の発散を妨げます。

また、普段運動をしていない人は汗をかきやすいです。太っている人は普段からあまり運動をしていない傾向もありますので、ちょっと運動をしただけでも汗をかきやすくなっています。

 

皮下脂肪を減らすことが重要ではない

ダイエットによって、汗かきも同時に解消されるのであれば、非常にありがたい話ですがそうでもないみたいです。

太っている人が全員汗かきかというと、そうとも限りません。中には非常に代謝が悪く、あまり汗をかかない人もいます。ですので、残念ながら誰しもがダイエットをすれば汗かきも改善されるという事にはならないのです。
ですが、もしも強い臭いの汗を少しでも減らしたいのであれば、皮下脂肪や内臓脂肪を落としてみるべきです。人によってはあまり変化は見られないかもしれませんが、脂肪を減らすことによって、発汗量が減ることもあります。

https://debulabo.com/debs-life/debu-ase20170921/

 

汗腺が多い

汗をかく人は、汗腺の数が多い傾向にあります。

汗腺の数は、汗腺が形成されるときの環境が大きく関係しています。

比較的暑い場所で育った子どもは、たくさん汗をかいて体温調節しながら環境に対応するため、汗腺も発達しやすイ傾向にあります。

逆に寒い地方で育つと、汗腺は少なくなると言われています。

 

まとめ

人が汗をかく要因は人それぞれですので自分に合った対策をしていくことが重要です。

しかし、汗をかくことは決っしていけないことではありません。

時には運動をしていい汗をかきたいですね。

コメント