【モテない】女の子なのに胸板が厚いのがコンプレックス!そんな人がするべき対策と華奢にみせるワザを紹介

女の子なのに胸板が厚いと、どうしても女の子らしく見えない場合があります。

男性は男らしく見えたり、筋肉があるように見えるのでいいかもしれませんが、女の子はそうはいきませんね。

今回は胸板が厚い女性が華奢に見えるワザを紹介します。

 

胸板が厚くなる原因

胸板が厚くなる原因は大きく分けて3つに分けることができます。

 

 

生まれた時から骨格が太くて胸板が厚い

遺伝による影響が大きいかもしれません。

骨格自体を改善することはとても難しいので、どう華奢に見せるかが重要になってきます。

 

胸や肩に脂肪が付いている

普段の生活や、食習慣により胸や肩に脂肪がついているパターンです。

ここの脂肪は付きやすく落ちにくいです。

 

スポーツなどで胸周りに筋肉が付いている

筋肉が付くことで胸板が厚くなっているパターンです。

 

胸板を薄くして華奢になる方法

 

胸板が薄くなるといいことがあります。

胸板を薄くすることによって得られるメリットがこちら

  • 身体全体的にスタイルも良く見える
  • どんな洋服も似合う
  • 女性らしくなる

これらを実現するための方法がいくつかあります。

 

胸周辺の運動

肩幅の二の腕付近には脂肪がつきやすい傾向にあり、そのために上半身ががっちりしてしまいます。

ダンベルなどの重い物を持つ筋トレなどのトレーニングは、逆に筋肉が付いてしまうことがありますので、避けたほうが良いです。

対策として、二の腕の運動をおすすめします。

 

二の腕の運動

①足を軽く開いて立つ。
②背筋はまっすぐに。
③目線は遠くを見る。
④両手を広げる。
上体を後ろに反らし過ぎないように気を付けましょう。

腕をねじる

①手のひらを外に向けて、しっかりと広げる。

②鼻からゆっくり大きく息を吸い込みながら、手のひらを外側にねじる。

③息を吐きながら①に戻し、この動作を繰り返します。

https://health.goo.ne.jp

 

ウエスト周りを細くするストレッチをする

こちらは腰をひねって10秒間停止するのを左右3回行います。地味ですがウエストを細くするのには効果的です。

ウエストを鍛えるイメージもの腹筋は、お腹の正面にある腹直筋を鍛えるのに効果的な筋トレですが、ウエストを細くするためには腹直筋を鍛えたところで「お腹の脂肪を燃焼させて減らす」効果は薄いので意味がないです。

 

有酸素運動を行う。

ランニング、ジョギング、ウォーキング、自転車などは効率のいい練習方法です。

1日合計1時間程度が目安で、何回かに分けて運動しても良いと言われています。

瞬発的な力を加える無酸素運動では、脂肪を燃焼させて落すことは困難です。

 

 

ファッションで胸板を薄く見せる方法

ファッションは人の見た目で大きくかわってきますが、胸板に関しても薄く見せることは可能です。

思い切って、体のラインがわかる服もおすすめです。冬だと、ニットなどがいいでしょう。体のラインをあえて出すこと人の注意をそそらなくなります。

 

まとめ

胸板が厚くなるには様々な原因がありますが、胸板は男性がそこまで重要視する身体のパーツではないです。ですので、あまり頭を悩ませる必要はないと思います。

遺伝などで物理的な解決が難しい場合はファッションなどで努力してみてはいかがでしょうか。

 

コメント